BOOKS INFORMATION 書籍案内

文芸・一般

朝日新聞記者の書く力

始め方、終わり方

真田正明:著

定 価:1650円

発売日:2022年8月4日

頁 数:240ページ

判 型:四六判/並製

ISBN:978-4-86581-356-2

本書の内容

「書く力」は書き出しと終わりの一文で決まる!

確かに、一文で人の印象は決まってしまう! しかし、著者は警察担当だった新人記者時代にデスクの隣で鍛えられ、ようやく「書く」仕事を任されるようになった。その後、「書ける」記者になり、社会部から外報部に移り、さらに人気コラム「素粒子」を担当するまでにいたった。一記者の「書いてきた歴史」を踏まえ、どうすれば、スムーズに書けるようになるかを段階を追って示す。著者は言う、野球選手がボールを投げるときのことを思い描いてみてほしい、その一連の動作が「投げる力」。「書く力」も同様に基本動作を確認することで身につく、と。書くことが気持ちよく、楽しくなる本!

目 次

第一章 わかりやすく書くルール
第二章 個性が表れる文章に
第三章 気持ちを伝える書き方
第四章 書くときは五感を総動員
第五章 語感を磨く方法
第六章 季節感をアクセントに
第七章 変化球や裏技も使う
第八章 ユーモアのひとふりで一変
第九章 一期一会の文章

著者プロフィール

真田正明

(さなだ・まさあき)
1956年、大阪市に生まれる。京都大学文学部哲学科を卒業。1980年、朝日新聞入社。警視庁キャップ、プノンペン・ジャカルタ支局長、アジア総局長などを経て論説副主幹。2010年11月から2018年3月まで夕刊のコラム「素粒子」を担当。2021年に退社後、朝日カルチャーセンターで「短文力を鍛える文章教室」の講師を務める。
著書には『朝日新聞記者の200字文章術』(さくら舎)がある。

担当より一言

新人記者の手習いから始まり、人気コラム「素粒子」を担当するまでに。人は「書く力」をどう身につけていけるのかが体験的に明かされます。