BOOKS INFORMATION 書籍案内

趣味・実用

CHANEL 自分を語る

パトリック・モーリエ:著
ジャン‐クリストフ・ナピアス:編
小沢瑞穂:訳

3刷

定 価:1980円

発売日:2022年6月9日

頁 数:176ページ

判 型:四六判/上製

ISBN:978-4-86581-345-6

本書の内容

創造、仕事、自由。辛辣シャネルの箴言!

20世紀を代表するファッションデザイナー、ココ・シャネル。彼女の創った服のみならず、その強い意志、創造性、仕事への愛など、シャネルというひとりの人間が、いまなお人々を魅了する。本書はそんなシャネルが歯に衣着せぬ物言いで語った、ファッション、仕事観、女性観、人生観などについての語録である。

「批判するのが大好き。批判できなくなる日が来たら、私の人生は終わりね」

「女性にきれいでいてほしい。そして、自由でいてほしい。自由に腕を振って、さっそうと動いてほしい。時代とともに。」

「お金は嫌いだし、当然ながらお金を持っているだけの人も嫌い。お金のことしか話題にしない人たちは、とても退屈ね」

「ひとりぼっちほど最悪なことはない。いえ、もうひとつあるわ。カップルでいながら、ひとりでいること」

目 次

ココ 自分を語る

ココとファッション

ココとクチュール

ココとスタイル

ココとエレガンス

ココとジュエリー

ココと香水

ココと色彩

ココと仕事

ココと創造

ココとラグジュアリー

ココと時間

ココのウィット

カール・ラガーフェルドによるココ

ココ 自分を語る #2

著者プロフィール

パトリック・モーリエ

ライター、編集者、ジャーナリスト。芸術、文学、ファッション、装飾美術についての著作やエッセイ多数。

ジャン‐クリストフ・ナピアス

作家、出版者、編集者。パリに関する本を執筆。フランスの文学作品の編集も行っている。

小沢瑞穂

(おざわ・みずほ)

東京に生まれる。立教大学英米文学科卒。米国留学後、エールフランス客室乗務員を経て(株)帝人 マーケティング部にてファッションの翻訳を担当。35歳で独立。

訳書には『女優ジャンヌ・モロー』(日之出出版)、『ジョイ・ラック・クラブ』(角川書店)、『小さいことにくよくよするな!』(サンマーク出版)など、著書にエッセイ『やっとひとり』(晶文社)がある。

担当より一言

激しい気性で知られるココ・シャネルですが、本書では特に、その毒舌が炸裂。さらに言葉にあわせてデザインされたページは、シャネルの創ったドレスのように無駄がなく洒落がきいており、眺めるだけでも楽しめます。