ねこもかぞく
著者紹介(解説):堀本裕樹 著者紹介(マンガ):ねこまき

今日の俳句

第18回

扇風機好むインコの喋り出す

(せんぷうきこのむいんこのしゃべりだす)

堀口星眠

(ほりぐちせいみん)

「ほんま、けったいなインコやで。扇風機のそば、離れへんがな」
 父の正彦が、息子の孝雄に言った。
 インコが涼しそうに目を細めている。

「そやな。鳥も暑いんやろか。
 そやけど、ピースケはぜんぜんしゃべれへんなあ」
「賢そうな顔つきしてるけどな。ひと言もしゃべらへんな。
 父ちゃんはいっつも、ピースケに、
 宝くじ当たりますようにって言うてるねんけどな」
「そんなん言うて、効力あるか? 
 ふつう神棚に供えてお願いするんちゃうの?」
「ピースケ、青いインコやんけ。
 青い鳥は幸せ運んできてくれるんちゃうかなと、父ちゃん思てるねん。
 なあ、ピースケ、宝くじ当たりますように。
 頼むわ、ほんま」

 すると、いきなりピースケが早口で
「宝くじ当たりますように!」と呟(つぶや)いた。

「すごい! ついにしゃべりよった!」
 孝雄が興奮する。
「父ちゃんの思いがやっと通じたわ!
 しかもピースケの声、扇風機の前やさかい、
 宇宙人みたになってたやんけ!」