書籍案内
文芸・一般

直接購入はこちら
年を重ねることはおもしろい。
苦労や不安の先取りはやめる
吉沢久子:著
  • 定 価:1,400円+税
  • 発売日:2013年9月5日
  • 頁 数:168ページ
  • 判 型:四六判/並製
  • ISBN978-4-906732-49-4

ネットでご注文の方はこちら

本書の内容これが吉沢流! 明快! 快適! 楽しい!
  • 『前向き。』で衝撃を受けた読者は多いはず。高齢化につき進む社会にあって「吉沢久子」の存在は異彩を放っています。「私はいま95歳の元気で生きています」といい、淡々とひとり暮らしをたのしんでいるその姿に励まされます。本書は、年齢が気になる、将来の自分が不安だという方への処方箋ともいえる一冊です。人生の考え方から、人間関係の築き方、暮らしのたのしみ方、からだのケアのしかたまで、吉沢流がここにあります!

目次
1 望みは小さくもつほうがいい
  失ったものを数えない
「嘆きグセ」[悔やみグセ]をつけない・・・

2 絶対に手放してはならないもの
  抱え切れないことはしないという知恵
眠れない夜には・・・

3 シンプルライフ、私の失敗
  私が感動した贈りもの
捨てられない人の整理術・・・

4 やわらかい表情で生きられるように
  「家庭内孤立」に直面したら
「踏みこまない」近所づきあい・・・
5 自由ととるか、孤独ととるか
  「どうにかなるさ」ではすまされないお金の問題
ひとり暮らしは夫からの贈りもの・・・

著者プロフィール
  • 吉沢久子(よしざわ・ひさこ)
  • 1918年、東京都に生まれる。家事評論家、随筆家。文化学院卒業。文芸評論家・古谷綱武と結婚、家庭生活の中から、生活者の目線で暮らしの問題点や食文化の考察を深める。1984年からはひとり暮らし。さらに、快適に老後を過ごす生き方への提言が注目を集めている。
    著書には『95歳。今日をたのしく。もっと前向きに』(海竜社)、『前向き。93歳、現役。明晰に暮らす吉沢久子の生活術』(マガジンハウス)、『あの頃のこと』(清流出版)などがある。
普段着の考え方、暮らし方がすてきすぎます。ぜったい吉沢流をやってみたくなります。