書籍案内
ビジネス・経済

社長引責 破綻からV字回復の内幕
有森隆:著
  • 定 価:1,500円+税
  • 発売日:2016年11月2日
  • 頁 数:288ページ
  • 判 型:四六判/並製
  • ISBN978-4-86581-077-6

ネットでご注文の方はこちら

本書の内容大企業9社の衰退と復活のドラマ!!
  • 企業の盛衰はトップで決まる。社長の力量と器によって企業再生に濃淡があらわれる。卓越した社長によって衰退のパターンから脱出した企業がある一方で、足踏みをつづけている企業も少なくない。その差は、どこから生まれるのか。本書ではパナソニック、富士重工業、カルビー、ベネッセ、アサヒビール、日本航空、塩野義製薬、西武、日立製作所の9社を取り上げた。いずれも経営が悪化し、地獄を見た企業である。破綻寸前に追い込まれた企業が、社長交代によって、いかにして再生に向かったか。企業の衰退と復活のドラマの内幕!!
目次
第1章 パナソニック――カリスマ経営者からの訣別
第2章 富士重工業――ドン底からエクセレントカンパニーへ
第3章 カルビー――成長するために変わりつづける
第4章 ベネッセ――失敗したプロ経営者の改革
第5章 アサヒビール――落日から奇跡の大逆転
第6章 日本航空――最悪の組織でも再生できる
第7章 塩野義製薬――荒療治の改革をも辞さず
第8章 西武――「王国」の絶対君主を追放
第9章 日立製作所――沈没寸前の巨艦を復活させた構造改革
著者プロフィール
  • 有森 隆(ありもり・たかし)
  • 経済ジャーナリスト。早稲田大学文学部卒。30年間全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、経済事件などをテーマに精力的な取材・執筆活動を続けている。著書には『日銀エリートの「挫折と転落」--木村剛「天、我に味方せず」』(講談社)、『経営者を格付けする』(草思社)、『世襲企業の興亡』『非情な社長が「儲ける」会社をつくる』『海外大型M&A 大失敗の内幕』『社長解任 権力抗争の内幕』(以上、さくら舎)、『実録アングラマネー』(講談社+α新書)、『日本企業モラルハザード史』(文春新書)、『創業家物語』(講談社+α文庫)、『強欲起業家』(静山社文庫)、『異端社長の流儀』(だいわ文庫)などがある。
「生き残ろう、成長しようと思ったら、変えるしかないんです」という言葉が胸に迫る。地獄を見た社長たちの熱い戦い!