書籍案内
ビジネス・経済

稼ぐ!ロジカル株投資
個人投資家だからできる「勝者のゲーム」
太田忠:著
  • 定 価:1,500円+税
  • 発売日:2013年12月3日
  • 頁 数:224ページ
  • 判 型:四六判/並製
  • ISBN978-4-906732-60-9

ネットでご注文の方はこちら

本書の内容正攻法が儲かる!論理的で実践的な投資戦略
  • 「バイ・アンド・ホールドはもはや通用しない」「テクニカル分析の過信は危険」「PERの比較対象は同業他社ではない」「新安値銘柄に安易に投資してはいけない」……。国内を代表する人気アナリストとして各種ランキングで連続1位に輝き、証券業界でその名をとどろかせた著者が、一般投資家に向けて最低限知っておきたい投資ルールを40に絞って公開します。これまでになかったロジカルで実践的な真っ当な投資戦術書です。NISA(少額投資非課税制度)のスタートで株式投資をこれから始めようという人も多いでしょう。あなたの大切なお金を手堅く増やすためにぜひご一読ください。

目次
序章 個人投資家は「勝者のゲーム」をしよう!
第1章 取引準備の巻 投資する前にこれだけは心得ておこう!
01 最初にインターネット証券で口座を開く
02 NISA口座も積極的に活用しよう
03 株式投資に充てる資金額を決めよう
04 株価が上がる理由、下がる理由を知ろう
05 株式投資は「大儲け」よりも「着実に」の方がうまくいく
06 絶対に焦って買ってはならない――焦りは高値づかみの元凶だ
●コラム① 信じられない急騰と暴落を演じた光通信の教訓
第2章 銘柄選択の巻 投資成果の上がる銘柄の見つけ方を覚えよう!
07 株式市場に3500社もある銘柄を交通整理しよう
08 最低5銘柄に投資せよ――とても重要な分散投資
09 実際の銘柄選択の決定は3段階方式で
10 第一次審査 こんな企業に投資してはいけない
11
第二次審査 こんな企業に投資しよう ①成長性
  こんな企業に投資しよう ②割安感
  こんな企業に投資しよう ③投資利回り
12 最終審査 バリュエーション評価で最終決定へ
13 テーマ株、ブーム株との付き合い方
14 IPO銘柄にはうかつに投資しない
●コラム② 個人投資家にとって忘れられない教訓となったJALの倒産
第3章 投資戦略の巻 最も重要なリスク管理を理解して実践しよう!
15 マーケットが右肩上がりの時代は終わった――バイ・アンド・ホールドは通用せず
16 誰でも直面する損失に対する心構えを今のうちにしておこう
17 目いっぱい投資をせず、常に余力を残しておく
18 リスク管理の習慣こそ投資家の生死を分ける生命線
19 投資が完了すると同時に「逆指値注文」を出す
20 月間の投資リターンが「マイナス5%」を超えてはいけない
21 「含み損」銘柄や「活躍しない」銘柄は入れ替え、ポートフォリオをピカピカに
22 株式運用ノートをつくって、勝因分析・敗因分析をしておこう
●コラム③ 世界一になりそこねたホリエモン
第4章 株式売却の巻 損失を食い止め、いかに利益を伸ばすかが大事だ!
23 保有銘柄の情報をタイムリーに受け取れるようHPで読者登録する
24 業績発表は最重要イベント――中身を確認する習慣をつけよう
25 業績がダメなら売却する――下方修正には要注意
26 業績がよければ買い増しもできる――上方修正を味方につける
27 こうやって利益確定をしよう
28 刈り取った利益をどうするか?――複利運用する? or 運用資金から引き上げる?
●コラム④ すさまじい株主価値の破壊をおこなったモック
第5章 危機管理の巻 下落相場の対応を絶対に忘れるな!
29 下落相場では保有銘柄はことごとく逆指値にヒットし、投資ウェートは激減する
30 マーケットは思った以上に下落する――しばらくは「買い」を控える
31 新安値銘柄に安易に投資してはいけない
32 「信用取引」を使えば、下落相場でもリターンが上げられる
33 下げ相場での運用資産減少の食い止めこそが長期パフォーマンスを決定する
●コラム⑤ 時代の寵児から人生をレバレッジにかけた折口雅博の転落
第6章 投資情報の巻 役立つ情報の見極め方を知ろう!
34 企業のHPにアクセスして投資候補銘柄をチェックしよう
35 投資のバイブル『会社四季報』『日経会社情報』を常に手元に置いて活用しよう
36 会社説明会資料を読みこなすコツ
37 決算短信を読みこなすコツ
38 テクニカル(チャート)分析の過信は危険
39 「マーケットの見通し」の正しい読み方
40 機関投資家の大量保有報告書をどう判断するか
●コラム⑥ ようやく実現した東証・大証の統合に期待すること
おわりに 著者紹介&太田忠投資評価研究所における取り組みについて
著者プロフィール
  • 太田 忠(おおた ただし)
  • 太田忠投資評価研究所代表取締役社長。1964年大阪府生まれ。1988年関西大学文学部仏文学科卒。ジャーディン・フレミング証券(現JPモルガン証券)アナリスト時代は国内を代表する人気アナリストの一人で、各種アナリストランキングにおいて1999年から2003年まで5年連続で「中小型株」部門のトップに輝いた。2003年10月よりJPモルガン・アセット・マネジメントにてマネジングディレクターならびにファンド・マネジャーを務める。2009年3月に独立し、太田忠投資評価研究所を設立。投資助言ならびにコンサルティング業務をおこなっている。主要著書に『株が上がっても下がってもしっかり稼ぐ投資のルール』『とっておき中小型株投資のすすめ』『投資をするならこれを読め』(いずれも日本経済新聞出版社)などがある。
    同社ホームページURL:http://www.ohta-research.co.jp/
著者の太田さんは「個人投資家は機関投資家に比べてフレキシブルに動くことができる。その優位性に気づけば株式投資で十分勝てる=稼げる」が持論。NISAを機に株式投資を始める方も少なくないと思います。本著で紹介する40の投資ルールを守って、太田さんが言う「(自ら得点を勝ち取ることによって自らを勝利に導いていく)勝者のゲーム」をぜひ実践していただければと思います。