書籍案内
社会・政治

政治家秘書 裏工作の証言
松田賢弥:著
  • 定 価:1,500円+税
  • 発売日:2015年4月5日
  • 頁 数:216ページ
  • 判 型:四六判/並製
  • ISBN978-4-86581-048-6

ネットでご注文の方はこちら

本書の内容政治とカネ!陰の当事者の暗躍!
  • 政治家を陰で支える秘書たちの暗闘に迫るノンフィクション。自民党経世会の金庫から13億円もの大金を密かに運び出した小沢一郎の秘書、ロッキード事件のさなか、謎の死をとげた田中角栄秘書兼運転手、小渕恵三・優子父子を支えながらのしあがっていった地元秘書……スクープ連発の敏腕ジャーナリストが渾身の取材で得た貴重な証言と衝撃的な事実を基に、政治の世界の舞台裏を明らかにする。
目次
第一章 裏金工作 小沢一郎の一三億円/田中角栄秘書の謎の死/日歯連 一億円ヤミ献金
第二章 金脈の一族 「小渕王国」の深い闇/小渕一族のNTTドコモ株疑惑/小渕家の骨肉の争い/なぜ小渕総理は倒れたのか/城代家老・折田謙一郎の暴走
第三章 陰の実像 竹下登と森喜朗の秘書/金丸信と竹下登の決裂理由/実力派・野中広務の道程/小泉総理秘書の暗躍/橋本龍太郎総理の侵し難い絆
著者プロフィール
  • 松田賢弥(まつだ・けんや)
  • 1954年、岩手県北上市に生まれる。ジャーナリスト。「週刊現代」「週刊文春」「文藝春秋」などを中心に執筆活動を行う。「“愛人”“隠し子”も綴られた便箋11枚の衝撃 全文公開 小沢一郎 妻からの『離縁状』(「週刊文春」2012年6月21日号)で、「第19回 編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の大賞を受賞。
    著書には『闇将軍―野中広務と小沢一郎の正体』『無情の宰相 小泉純一郎』『逆臣 青木幹雄』『小沢一郎 虚飾の支配者』『角栄になれなかった男 小沢一郎全研究』(以上、講談社)、『小沢一郎 淋しき家族の肖像』(文藝春秋)、『権力者 血脈の宿命』(さくら舎)、『影の権力者 内閣官房長官 菅義偉』(講談社+α文庫)などがある。
常に問題になる「政治とカネ」。そこに必ず絡んでいるのが政治家秘書です。時に政治家を操り、時に政治家の犠牲となり……、知っていそうで実はよく分からない政治家秘書の素顔に迫っています!