書籍案内
社会・政治

直接購入はこちら
警察・ヤクザ・公安・スパイ 日本で一番危ない話
北芝 健:著
  • 定 価:1,400円+税
  • 発売日:2015年5月8日
  • 頁 数:224ページ
  • 判 型:四六判/並製
  • ISBN978-4-86581-011-0

ネットでご注文の方はこちら

本書の内容他言厳禁!今だから言える闇の実話
  • 元警視庁刑事の北芝健氏が警察、ヤクザ、公安、スパイなどの内情を暴露する危険なノンフィクション。警察学校の過酷な訓練、ぼったくりバーを撃退するアイテム、ヤクザvs.マフィアin歌舞伎町、公安の秘密組織、ハニートラップの手口、北朝鮮拉致事件の真実・・・・・・。 取扱い要注意、他言無用の“激ヤバ”情報が今、明かされる。
目次
第1章 警察の危ない話
第2章 ヤクザの危ない話
第3章 公安の危ない話
第4章 スパイの危ない話
第5章 日本の防衛の危ない話
特別編 西麻布の危ない話
著者プロフィール
  • 北芝 健(きたしば・けん)
  • 東京都葛飾区に生まれる。祖父外科医、父内科医、母小児科医。早稲田大学卒業。在学中に1年間英国居住。商社を経て警視庁入庁。地域警察(交番等)、刑事警察(盗犯、暴力犯、強行犯等)、公安外事警察(防諜、外国人犯罪、テロ、情報調査等)の捜査に従事。沖縄剛柔流空手6段。日本拳法3段。警視庁柔道2段。全国警察逮捕術大会の優勝チームのコーチを務める。(社)日本安全保障・危機管理学会の顧問、研究講座講師。日本経済大学大学院講師。漫画『まるごし刑事』原作者。
    著書には『警察裏物語』(バジリコ)、『日本警察 裏のウラと深い闇』(大和書房)、『悪の経済学』(KKロングセラーズ)、『心理戦で勝つ技術』(KADOKAWA)、『刑事捜査バイブル』(双葉社)など多数。 
さまざまなフィールドで活躍している北芝健氏だからこそ知りえた、そして語れる、表社会・裏社会の危険な実態の数々。ヤバい情報は、知っておいたほうがいい情報です!!