書籍案内
文芸・一般

自由に老いる
おひとりさまのあした
海老坂武:著
  • 定 価:1,400円+税
  • 発売日:2015年7月7日
  • 頁 数:184ページ
  • 判 型:四六判/並製
  • ISBN978-4-86581-017-2

ネットでご注文の方はこちら

本書の内容気づかぬうちに、老いはじわじわやってくる!
  • シングルライフを貫き、著者はいつのまにか「80歳のおひとりさま」となった。大学で教鞭をとり、サルトル研究者として、実存主義の徒として生きてきた“知の人”がある日突然直面した老い。既婚でも独身でも、最後はみな「おひとりさま」。知の達人がユーモラスに綴る「老いの苦笑い」!
目次
プロローグ 老いはどこにある
第一章 老いは自覚できるか
次を夢見る中高年/南の島に通う/野球少年に戻る/忍び寄る難聴…
第二章 自分に不機嫌
頑固指数アップ/「ふと魔がさす」こともある/驚くことが少なくなった…
第三章 下り坂の身体と付き合う
何をするにも身体と相談/世界のことより自分のこと/女友だちか、恋愛か…
第四章 なにがめでたいものか
老いのスタイルさまざま/八十歳の相合い傘/「自己中」に生きる…
第五章 嫌うも自由、笑うも自由
一日一楽・一年一楽/ケチケチ生活/嫌なことはやらない自由…
エピローグ おひとりさまのあした
著者プロフィール
  • 海老坂 武(えびさか・たけし)
  • 1934年、東京都に生まれる。フランス文学者。東京大学文学部仏文科卒業、同大学院博士課程修了。1963年から2年間フランスに留学。一橋大学、関西学院大学教授を経て、現在は東京と芦屋、那覇、パリで執筆・翻訳と遊興の日々を送る。1986年、ひとり暮らしの生き方を世に問うた『シングル・ライフ』が大ベストセラーとなり、「独身者」にかわって「シングル」という言葉を定着させた。著書には『シングル・ライフ』(中公文庫)、『新・シングルライフ』(集英社新書)、『サルトル』『加藤周一』(岩波新書)、『人生を正しく享受するために』(朝日新書)、『戦後文学は生きている』(講談社現代新書)、『〈戦後〉が若かった頃』(岩波書店)など、訳書にはサルトル『家の馬鹿息子』(人文書院、共訳)、『自由への道〈全6巻〉』(岩波文庫、共訳)などがある。ボーヴォワール、ブルトンなど翻訳書も数多くある。
人生、いくつになっても初めての体験が待っている。新しい世界、新しい自分に出会える不思議さ、面白さ。老いの世界は面白い!!