書籍案内
ビジネス・経済
敬語で日記を書いてみよう
敬語で日記を書いてみよう
書いて覚える敬語練習帳
唐沢 明:著
  • 定 価:1,400円+税
  • 発売日:2014年11月4日
  • 頁 数:200ページ
  • 判 型:四六判/並製
  • ISBN :978-4-906732-93-7

ネットでご注文の方はこちら

本書の内容苦手な敬語も、書くと無理なく口に出せます!
    社会人であれば、敬語が使えることは、必須のビジネススキルです。 日々の記録をつける日記を敬語で書くなど、敬語を書く習慣を身につけることによって敬語をマスターしましょう。書くことができれば、口に出すこともできます。 本書は、メール、手紙、伝言、会話などで使うフレーズを満載しています!本書を活用して、敬語力(敬語を書く力・話す力)・日本語力・コミュニケーション能力をUPさせましょう。
目次
第1章 敬語の日記の書き方
第2章 毎日の敬語
第3章 ビジネスシーンの敬語
第4章 時候の挨拶
第5章 敬語の基本のおさらい
著者プロフィール
  • 唐沢 明(からさわ・あきら)
  • 大学専任講師(文章・コミュニケーション・マスコミ)、就活コンサルタント、作家。学生時代、26社から内定を獲得し、伝説となる。ベネッセコーポレーション編集部を経て、これまで全国28の大学で敬語・面接・文章講座の講師を担当し、年間300コマを超える人気のカリスマ講師に。法政大学大学院にてキャリア教育、社会学を学ぶ。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などマスコミでも活躍中。10万部突破ベストセラー『敬語すらすらBOOK』(成甲書房)など70冊以上の著著があり、日本初の「日記学」も研究。大妻女子大学、桜美林大学、奥羽大学、共立女子大学、神奈川大学、成城大学、東洋英和女学院大学、東北薬科大学、大東文化大学、日本大学芸術学部などで教鞭を執り、「行列のできる熱血講義」として学生に人気沸騰。学食日記も継続し、大学の学食メニューを商品化する。
“敬語で日記を書く”というと、ハードルが高いと感じるかもしれませんが、日々の出来事を日記や手帳などに3行で書くことから始めれば、誰でも手軽にできます!敬語に苦手意識がある方にお勧めの1冊です!