書籍案内
心理・教育・科学

直接購入はこちら
「思いこみ」という毒が出る本
不安や怒りが消える処方箋
蓮村 誠:著
  • 定 価: 1,400円+税
  • 発売日: 2013年8月6日
  • 頁 数: 224ページ
  • 判 型:四六判/並製
  • ISBN978-4-906732-48-7

ネットでご注文の方はこちら

本書の内容 そのストレス、そのこころの病が本書で一変する!
  • いいと思ってやっていたことが、からだに合わない?……たとえば、ヨーグルトが腸にいいからと毎日食べつづけている人。じつは、それが合う人はほんの一握り。多くの人が冷え性を悪化させているのです。そんな身体的なことだけでなく、自分を決めつけてしまっている心理的な「思いこみ」がどれだけ心身を蝕んでいることか! その原因は、自分の本来の体質を知らず、自分の体質に合わないことをやってしまっているからです。本書は医学博士であり、5000年の歴史をもつ生命科学(アーユルヴェーダ)の第一人者である著者が、自分の正しい体質を知り、ストレスを浄化し、心を楽にする具体的な方法を示します。
第1章 怖い「思いこみの自分」
  ヨーグルト健康法がからだに合うひとは一握り
からだにいいことはこころに不満、こころにいいことはからだに負担・・・
第2章 何か違う……なぜかうまくいかない……
  人生が知らず知らずによくないほうに決められている?
感情が安定すると知能がはたらく・・・
第3章 どうすれば「ちょうどいい」状態になるか
  こころの純粋性が高まる日常生活のポイント
ストレス浄化とこころのリラックス法・・・
第4章 本来の自分をとり戻す
  自分の欠点や短所ばかりに目がいくひとへ
何をすれば自分が生かせるか・・・
第5章 日々できることをひとつでもやると人生が好転する
  午前中の過ごし方と昼食の例 昼食後から午後の過ごし方
夕食後の過ごし方と眠り方・・・
著者プロフィール
  • 蓮村 誠(はすむら・まこと)
  • 1961年、神奈川県に生まれる。東京慈恵会医科大学を卒業。医学博士。同大学病理学教室および神経病理研究室勤務の後、1992年、オランダマハリシ・ヴェーダ大学、マハリシ・アーユルヴェーダ医師養成コースに参加。マハリシ・アーユルヴェーダ認定医。現在、診療にあたる一方で、マハリシ・アーユルヴェーダ医療の普及に努める。医療法人社団邦友理至会理事長。マハリシ南青山プライムクリニック院長。NPOヴェーダ平和協会理事長。
    著書には『アーユルヴェーダセルフマッサージ』(河出書房新社)、『毒を出す食 ためる食』『白湯 毒出し健康法』(以上、PHP文庫)、『40歳からの心身毒出し法』(静山社文庫)などがある。
もし疲れたときに辛いものがほしいという人は、本書に直行してください。放っておくと健康を害し、人間関係をむずかしくしかねません。蓮村式は心身浄化の切り札です。