書籍案内
心理・教育・科学

直接購入はこちら
超越瞑想 癒しと変容
精神科医が驚いた効果と回復
ノーマン・ローゼンタール:著
原田稔久:訳
メフメット・C・オズ(医学博士)/
蓮村 誠(医学博士):推薦
  • 定 価:1,600円+税
  • 発売日:2013年6月4日
  • 頁 数:288ページ
  • 判 型:四六判/並製
  • ISBN978-4-906732-44-9

ネットでご注文の方はこちら

本書の内容 困った自分、変えたい自分を別人に変える心の技術!
  • 日々、心身の不調に悩む人々に接していた精神科医が、衝撃の出会いをする。何年もうつで薬漬けだった患者が「超越瞑想」によって、重度のうつから脱したのだ。著者は、この瞑想法で心と体に何が起きるのか、臨床をはじめる。そして、驚くべき身体的、心理的結果を得た。
    超越瞑想はビートルズが実践したことで知られるようになったが、その効果は科学的にも実証されている。
    さらに、超越瞑想実践者の生の声を収録。映画監督のデヴィッド・リンチは、いつも怒っていた自分が2週間ほどで消えたと語り、いまでは財団をつくって超越瞑想の支援をしている。アカデミー賞監督のマーティン・スコセッシは多忙のストレスでパニック発作を起こしていたが、60代で超越瞑想を学んでから、発作が創造的な考えや決断力に変わったと語る。革命的投資戦略で知られるレイ・ダリオも長年にわたって実践と支援を続けている……などなど、可能性に満ちた実例にあふれている。
目次
第一部 超越――驚きに満ちた意識
 
序 章 人生を改善できる心の技術
第一章 瞑想中、心と体に何が起きるのか
第二章 心の内側の心、超越とは何か
第二部 癒し――超越瞑想の生理的効果
 
第三章 体を直撃するストレス
第三部 変容――超越瞑想の心理的効果
 
第四章 不安や怒りが消えていく
第五章 多動性の人が別人に
第六章 「うつ」を抱える人へ
第七章 再発しやすい依存症からの回復
第八章 生徒も教員も、学校が変わった
第九章 刑務所での革命的アプローチ
第十章 自己実現、ベストの自分になる
第四部 調和――心、体、人間関係、社会におよぼす効果
 
第十一章 調和が生まれ、広がる
著者プロフィール
  • ノーマン・ローゼンタール
    (Norman E.Rosenthal,M.D.)
  • 「米国のベストドクター」の一人である精神科医。ジョージタウン医科大学教授。ワシントンDCで30年以上、開業。国立精神衛生研究所にフェロー、研究員、上席研究員として20年以上勤務。同研究所で、季節性情動障害(SAD)を発見しその治療法を開発。うつ病治療への貢献が評価され「アンナ・モニカ財団賞」を受賞。「米国消費者研究委員会」の「米国のトップ精神科医のガイド」にも紹介されている。100以上の学術論文があり、一般向けにも、『季節性うつ病』(講談社現代新書)、『The Emotional Revolution』などの著書がある。

    訳者略歴
    原田稔久(はらだ・としひさ)
    1951年、岐阜県生まれ。東京大学工学部卒業。1976年に超越瞑想を学ぶ。測量設計会社勤務、公立高校教員を経て、マハリシ・ヨーロッパ研究大学超越瞑想教師養成コース修了。超越瞑想教師。翻訳家。訳書に『超越瞑想』(共訳、マハリシ出版)、『超越瞑想と悟り』(読売新聞社)、『マハリシが悟りの時代を告げる』(マハリシ総合研究所)、『聖なる意識の目ざめ』(青村出版社)などがある。

    推薦者:略歴
    メフメット・C・オズ――エミー賞を獲得した「ドクター・オズ・ショー」の司会者。ニューヨーク・プレスビテリアン病院コロンビア大学医療センター外科副部長兼教授。

    蓮村 誠(はすむら・まこと)――東京慈恵会医科大学を卒業後、同大学病理学教室および神経病理研究室に勤務。その後、マハリシ南青山プライムクリニック院長。
テーマは瞑想ですが、これは精神世界の本ではありません。心理の本です。心の問題に強力な援軍があらわれました! 実例が示す、超越瞑想がもつ力に感動です。