書籍案内
社会・政治・一般

直接購入はこちら
権力者 血脈の宿命
安倍・小泉・小沢・青木・竹下・角栄の裸の実像
松田賢弥:著
  • 定 価:1,400円+税
  • 発売日:2015年1月7日
  • 頁 数:224ページ
  • 判 型:四六判/並製
  • ISBN978-4-86581-000-4

ネットでご注文の方はこちら

本書の内容 歴代権力者たちの知られざる実像が明らかに!
  • 安倍晋三を総理にまで押し上げた野望、田中角栄を支え続けた女性が語った“角栄と眞紀子と新潟”、
    小泉純一郎の表舞台には出なかった別れた妻と三男のエピソード……権力者と血脈の宿命が明かされる!
目次
血脈1 安倍晋三 岸家の血筋で地位確立 危険な「裸のプリンス」
血脈2 竹下登 暗黙の箝口令 知られざる前妻の死
血脈3 青木伊平 竹下に生き竹下に死んだ大物秘書の無念の最期
血脈4 金丸信 寵愛の小沢一郎に裏切られたキングメーカー
血脈5 赤城徳彦 架空事務所費問題の奥に潜む兄との確執
血脈6 小渕恵三 小沢との「空白の二十分」と小渕優子の金脈
血脈7 青木幹雄 小渕総理の重病に乗じた“妖怪男”の「自作自演」のクーデター
血脈8 角栄と佐藤昭子 田中角栄に半生を捧げた「越山会の女王」の見た眞紀子
血脈9 小沢一郎 角栄のDNAを受け継いだ秘蔵っ子の裏切り
血脈10 小泉純一郎 知られざる離婚の真相と三男の存在
著者プロフィール
  • 松田賢弥(まつだ・けんや)
  • 1954年、岩手県北上市に生まれる。ジャーナリスト。『週刊現代』『週刊文春』『文藝春秋』などを中心に執筆活動を行う。「『愛人』『隠し子』も綴られた便箋11枚の衝撃 全文公開 小沢一郎 妻からの『離縁状』」(『週刊文春』2012年6月21日号)で、「第19回 編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の大賞を受賞。
    著書には『闇将軍―野中広務と小沢一郎の正体』『無情の宰相 小泉純一郎』『逆臣 青木幹雄』『小沢一郎 虚飾の支配者』『角栄になれなかった男 小沢一郎全研究』(以上、講談社)、『小沢一郎 淋しき家族の肖像』(文藝春秋)などがある。 
歴代権力者たちはどんなバックボーンをもち、どんな野望を抱いたか。政策ではなく人物そのものに鋭く迫ったノンフィクション。著者の執念の取材が胸を打つ!