BOOKS INFORMATION 書籍案内

歴史・哲学・宗教

ネガティヴ・ケイパビリティで生きる

答えを急がず立ち止まる力

谷川嘉浩:著
朱喜哲:著
杉谷和哉:著

定 価:1980円

発売日:2023年2月9日

頁 数:288ページ

判 型:四六判/並製

ISBN:978-4-86581-375-3

本書の内容

「わからなさ」「よどみ」をどう受け入れるか

スピードが要求される加速社会を生きる私たちは、日々、即断即決をよしとする世界に暮らしている。物事を性急に理解し、早々に結論を出し、何でも迅速に解決しようとする。しかし、それでいいのだろうか。「ネガティヴ・ケイパビリティ」とは不可解な物事、問題に直面したとき、簡単に解決したり安易に納得したりしない能力のこと。わからなさを受け入れ、揺れながら考え続ける力だ。しかしテクノロジーはこの力を奪っている。注目の若手論客3人の対話でネガティヴ・ケイパビリティの魅力に迫る。データビジネス、アテンションエコノミー、SNS、倫理、教育、政治、陰謀論、アニメなど様々な切り口から現代社会を読み解き、そこにネガティヴ・ケイパビリティのあり方を描き出していく。激しすぎる流れの中では魚や水生生物は暮らしを営むことはできない。生き物は流れのゆるやかな「よどみ」に生息している。人間も同じで「よどみ」がなければ苦しい。流れの中で立ち止まって別の道を考えたり、正解を手放し揺れながら思索を続けること。そうした「よどみ」が社会の中に増えれば、人は少し生きやすくなる。

目 次

第1章・「一問一答」的世界観から逃れる方法
第2章・自分に都合のいいナラティヴを離れる方法
第3章・「アイヒマンにならないように自分の頭で考えよう」という言葉に乗れない理由
第4章・信頼のためには関係が壊れるリスクを負わねばならない
第5章・「言葉に乗っ取られない」ために必要なこと
第6章・自分のナラティヴ/言葉を持つこと
第7章・公と私を再接続するコーポラティヴ・ヴェンチャー
第8章・イベント化する社会から、エピソードのある日常へ

著者プロフィール

谷川嘉浩

(たにがわ・よしひろ)
1990年兵庫県に生まれる。哲学者。京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了。博士(人間・環境学)。現在、京都市立芸術大学美術学部デザイン科特任講師。単著に『スマホ時代の哲学』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『鶴見俊輔の言葉と倫理』(人文書院)、『信仰と想像力の哲学』(勁草書房)。共著にWhole Person Education in East Asian Universities, Routledgeなどがある。

朱喜哲

(ちゅ・ひちょる)
1985年大阪府に生まれる。哲学者。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、大阪大学社会技術共創研究センター招聘教員。主な論文に「陰謀論の合理性を分節化する」(『現代思想』2021年5月号)、共著に『信頼を考える』(勁草書房)、『世界最先端の研究が教える すごい哲学』(総合法令出版)、共訳に『プラグマティズムはどこから来て、どこへ行くのか』(勁草書房)などがある。

杉谷和哉

(すぎたに・かずや)
1990年大阪府に生まれる。公共政策学者。京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程単位取得認定退学。博士(人間・環境学)。現在、岩手県立大学総合政策学部講師。著書に『政策にエビデンスは必要なのか』(ミネルヴァ書房)、論文に「EBPMのダークサイド:その実態と対処法に関する試論」(『評価クォータリー』63号)、「新型コロナ感染症(COVID-19)が公共政策学に突き付けているもの」(『公共政策研究』20号)などがある。

担当より一言