BOOKS INFORMATION 書籍案内

歴史・哲学・宗教

天才 渋沢栄一

明治日本を創った逆境に強い男と慶喜

星亮一:著

2刷

定 価:1500円+税

発売日:2020年7月8日

頁 数:200ページ

判 型:四六判/並製

ISBN:978-4-86581-256-5

本書の内容

日本を世界レベルに引き上げた男の刮目の人生!

2021年のNHK大河ドラマの主人公、2024年の新一万円札の顔として注目を集める渋沢栄一の評価はここにきて高まる一方だ。1840年、武蔵国血洗島(現在の埼玉県深谷市)の豪農の家に生まれた栄一。利発な青年は倒幕の志士を目指したのにまるで正反対の幕臣に。明治維新直前、徳川慶喜の命で、パリ万国博覧会へ参加することになった栄一は、欧州の文明・民主主義の最先端に触れる。このことで栄一の世界は一気に広がる。幕府が滅び、明治政府となっても栄一はその才能を大蔵省から求められ、やがては官僚を離れ、実業の道へ。500もの企業の設立にかかわり、“近代日本経済の父”と呼ばれるほどの人物となった栄一だが、その人生は徳川慶喜との関係を抜きに語れなかった――。

目 次

第一章  運命の徳川一橋家仕官
第二章 幕末の熱風
第三章 将軍徳川慶喜の誕生
第四章 パリ万国博覧会へ
第五章 江戸から東京
第六章 「大蔵省主税局長」に就任
第七章 近代日本構築に捧ぐ
第八章 渋沢の『徳川慶喜公伝』刊行の執念

著者プロフィール

星亮一

(ほし・りょういち)
1935年、宮城県仙台市に生まれる。一関第一高校、東北大学文学部国史学科卒業後、福島民報社記者となり、福島中央テレビ報道制作局長を経て、歴史作家になる。日本大学大学院総合社会情報研究科博士課程前期修了。
著書には『伊達政宗 秀吉・家康が一番恐れた男』『京都大戦争』『呪われた明治維新』『明治維新 血の最前戦――土方歳三 長州と最後まで戦った男』『呪われた戊辰戦争』『武士道の英雄 河井継之助』(以上、さくら舎)、『偽りの明治維新』(だいわ文庫)、『会津藩は朝敵にあらず 松平容保の明治維新』(イースト・プレス)、『斗南藩――「朝敵」会津藩士たちの苦難と再起』(中公新書)などがある。
『奥羽越列藩同盟』(中公新書)で福島民報出版文化賞、会津藩と新選組の研究でNHK東北ふるさと賞受賞。『国境の島・対馬のいま』(現代書館)で日本国際情報学会功労賞受賞。

担当より一言

「近代日本経済の父」と呼ばれる偉大な実業家・渋沢栄一はいかに誕生したか。渋沢の人生の過程を丁寧に掘り下げた一冊です。特に徳川慶喜との関係性は必見です!