BOOKS INFORMATION 書籍案内

健康・医学

がんと共存 ちょっと癒やされる話

保坂隆:著

定 価:1,400円+税

発売日:2020年2月4日

頁 数:160ページ

判 型:四六判/並製

ISBN:978-4-86581-234-3

本書の内容

多くの人が、がんでも素敵に生きている!

いま、日本人の2人に1人が一生のうちに一度はがんになり、その内の3人に1人がなくなる時代。日本にがん患者と家族の心のケアをおこなう最先端医療・精神腫瘍科を導入したパイオニアでもある著者が、がん患者に寄り添うなかで、とくに心を打たれた話、深く感動したことを書き記した一冊。がんショック(告知)でうつになった人が心を変えるまで。再発・転移の不安をどう乗り越えたか。パートナーや子ども、家族がおこなうサポートは。慢性病としてのがんとのつきあい方は。……本書に収録された話のひとつひとつが、悲嘆し、落ちこんだ心をしっかり解凍します!

目 次

第1章 ひとりっきりじゃない
第2章 個性あふれるがんとの闘い
第3章 魂のレベルで交流する
第4章 がんになった意味に思いを寄せる
第5章 ターニングポイントになった日
第6章 未来から風が吹く

著者プロフィール

保坂隆

(ほさか・たかし)
1952年、山梨県に生まれる。保坂サイコオンコロジー・クリニック院長、聖路加国際病院・診療教育アドバイザー。一九七七年、慶應義塾大学医学部卒業後、同大学精神神経科に入局。1990年より2年間、米国カリフォルニア大学ロスアンゼルス校精神科へ留学。東海大学医学部教授を経て、2010年、聖路加国際病院で精神腫瘍科を開設。がん患者の心のケアにあたる。2017年、聖路加国際病院を定年退職し、保坂サイコオンコロジー・クリニックを開業。
著書には『50歳からは「孤独力」!』『苦悩力』『精神科医がたどりついた「孤独力」からのすすめ』(以上、さくら舎)、『がんでも、なぜか長生きする人の「心」の共通点』(朝日新聞出版)、『空海に出会った精神科医』(大法輪閣)、『精神科医が断言する「老後の不安」の9割は無駄』(KADOKAWA)などがある。

担当より一言