BOOKS INFORMATION 書籍案内

心理・教育・科学

精神科医がよくつかっている治癒することば

上月英樹:著

定 価:1400円+税

発売日:2020年1月

頁 数:232ページ

判 型:四六判/並製

ISBN:978-4-86581-233-6

本書の内容

こころが悩み疲れている人に贈る120のセラピー!

実際の診療で日々「ことばセラピー」をおこなっている精神科医が、うつなどの症状に悩む人、人間関係に苦しむ人、不安・葛藤・嫉妬など負の感情を抱える人、壁にぶつかっている人などに処方し、効果の高かったことばを厳選! 著者みずからも青年期に神経症的な葛藤に苦しんだ体験を持つ。120のことばは、これまで人々を支えてきた名言はもちろん、著者ならではのセレクションが異彩を放つ。前著『精神科医がつかっている「ことば」セラピー』とはまったく別物の書き下ろし!

目 次

第1章 気になるあの人のことば(中川翔子、林修、谷川俊太郎etc.)
第2章 レジェンドがかける魔法(オードリー・ヘップバーン、タイガー・ウッズ、スティーブン・ウイリアム・ホーキングetc.)
第3章 悩み相談、プロのひとこと(出口治明、加藤諦三、斎藤薫etc.)
第4章 文豪に聞いてみよう(山本周五郎、寺山修司、アーネスト・ヘミングウェイetc.)
第5章 そっとつぶやいてみる(晴日、水無田気流、本田直之etc.)

著者プロフィール

上月英樹

(こうつき・ひでき)
1953年、山形県に生まれる。精神科医。医療法人新生会土浦メンタルクリニック所長。山形東高校から筑波大学医学専門学群を卒業後、日立総合病院内科研修医を経て筑波大学精神科へ入る。筑波大学精神科准教授を経て、2004年に豊後荘病院へ。副院長のあと2007年より土浦メンタルクリニック所長。この間、1990~91年にかけて、文部省在外研究員としてメルボルン大学、オースチン病院、青年期部門に留学した。専門は、青年期精神医学、うつ病、不安障害。著書には『精神科医がつかっている「ことば」セラピー』(さくら舎)などがある。

担当より一言