BOOKS INFORMATION 書籍案内

まめねこ・コミックエッセイ

ねことハルママ

モンがきた!ハルがきた!

春花ママ(ハルママ):文
ジョジ―:絵
瀬川千秋:訳

定 価:1,200円+税

発売日:2019年10月8日

頁 数:144ページ

判 型:A5判/並製

ISBN:978-4-86581-217-6

本書の内容

村山早紀さん感動!胸キュンコミックエッセイ!

動物のことばがわかるハルママ。アニマル・コミュニケーターとして、動物と飼い主の相談などに応じている。ある日、茶トラの迷いねこを保護して、一瞬でとりこに。はじめての男の子は「モン」と名づけられ超マザコンに育つ。次に迎えたのは小包で送られてきた次男の「ハル」。モンの嫉妬に遭い、かつ感染症との闘病に苦しむハル。が、いつしか関係が逆転。ボスタイプのハルが兄貴分になる。さらに大食い女王でベッピンのクウが長女として加わり、交通事故で轢き逃げされた女の子ミアが次女としてハルママ家の家族になる。その後、ハルママ家にはケガをしたねこや病気にかかったねこなど、保護が必要な個性的な預かりねこが同居。ハルママは新顔さんたちの世話も懸命につづける。ねこたちの世話を通してたくさんのことを教わったというハルママ。人とよりねこと話す時間のほうが長いというハルママ。そんなハルママと保護ねこたちが繰り広げる、痛快でちょっぴり切ない物語!村山早紀さん推薦!「猫はかわいく猫はけなげで、ほうっておけないものなのです。万国共通、猫は愛しい。」

目 次

著者プロフィール

春花ママ(ハルママ)

6匹のねこ、1匹のいぬと暮らす。ほかにも預かりねこ多数。彼らのために転居、転職をし、日々勉学にいそしみ、趣味はねこご飯・いぬご飯づくりと、もっぱらねこいぬ中心の生活を送っている。動物のことばを解し、アニマル・コミュニケーターをしている。

ジョジ―

イラストレーター、デザイナーにして、ねこお坊ちゃまの世話係(かなりM)。動物との暮らしは悲喜こもごもだが、発見と学びの毎日に幸せを感じている。

瀬川千秋

(せがわ・ちあき)
中国文化を中心に著述・翻訳を行う。著書に『闘蟋――中国の蟋蟀文化』(サントリー学芸賞)『中国 虫の奇聞録』(以上、大修館書店)、訳書に『マンガ 仏教の思想』(蔡志忠・大和書房)など、共訳に集英社『わが父魯迅』(周海嬰・集英社)などがある。宝物は愛犬。

担当より一言