BOOKS INFORMATION 書籍案内

社会・政治

黒いカネを貪る面々

平成闇の事件史

一ノ宮美成:著
グループ・K21:著

定 価:1,600円+税

発売日:2019年4月2日

頁 数:272ページ

判 型:四六判/並製

ISBN:978-4-86581-193-3

本書の内容

蔓延(はびこ)り蠢く巨悪・小悪の素顔と闇に肉薄!

本書は平成の世に起きた闇の事件30を取り上げている。

目 次

第1章◎騙し騙されの詐欺と密輸
*六本木「湖雲寺」地上げ騒動の黒幕 
*大阪・ミナミ「精華小跡地」地上げの場外乱闘 
*続発する福岡金塊強奪事件の闇 
*佐川印刷グループの90億円不正流用事件の不思議 
*積水ハウス「地面師事件」の複雑怪奇 他

第2章◎政・官・財を繋ぐブラックマネー
*連面と続く「Ⅿ資金詐欺」 
*スパコン助成金6億円の詐取の裏ルート 
*菅官房長官補佐官の不可解退任の裏側 
*マルチ商法「ジャパンライフ」の暗黒史 他
第3章◎「王将」社長射殺事件の裏
第4章◎財団・宗派・学校法人の仮面
第5章◎東京に巣くう利権の蠢き
第6章◎談合とIR・カジノ・万博の闇 

初出:「週刊実話」連載「ブラックマネー」2018年1月~2019年1月

著者プロフィール

一ノ宮美成

(いちのみや・よしなり)
1949年、大分県に生まれる。同志社大学文学部を卒業し、新聞記者を経てフリージャーナリストに。著書には『京に蠢く懲りない面々』(かもがわ出版)などの「蠢く」シリーズ、『闇の帝王〈許永中〉』『同和利権の真相 ①~④』(以上、宝島文庫)、『京都と闇社会』『大阪と闇社会』(以上、宝島SUGOI文庫)、『京都に蠢く懲りない面々』(講談社+α文庫)、『大阪・役人天国の果てなき闇』(講談社)、『山口組分裂の真相』(宝島社)などがある。

グループ・K21

関西のフリージャーナリスト集団。『関西に蠢く懲りない面々』シリーズ(かもがわ出版)でデビュー。

担当より一言