BOOKS INFORMATION 書籍案内

歴史・哲学・宗教

最後の大空のサムライ

第八期海軍飛行科予備学生の生と死

倉田耕一:著

定 価:1,600円+税

発売日:2019年3月5日

頁 数:224ページ

判 型:四六判/並製

ISBN:978-4-86581-189-6

本書の内容

第八期海軍飛行科予備学生43人の熱き絆

太平洋戦争時、海軍の士官として活躍した第八期海軍飛行科予備学生たち。憧れの霞ヶ浦海軍航空隊(霞空)を襲った運命。真珠湾攻撃成功の報に国中が沸く折、第八期予備学生エリート43人の中には、戦地ではなく、飛行訓練中の墜落事故で亡くなる若者がいた。その死を悼み、建てられた二つの石碑にまつわる謎を解き明かしつつ、予備学生たちの熱き絆を描くノンフィクション。

目 次

第一章 謎多き墜落
第二章 「隠岐国」生まれの逸材
第三章 もう一つの殉職碑
第四章 第八期海軍飛行科予備学生の学生長
第五章 GHQと霊名録と慰霊塔
第六章 「八時七分を指して止まる時計」
第七章 二つの石碑を発起した英雄
第八章 「貴様」と「俺」との絆
第九章 銃後の一女性
第十章 予備学生たちの真実

著者プロフィール

倉田耕一

(くらた・こういち)
1952年、秋田市(旧河辺町)に生まれる。88年、産経新聞社に入社し、秋田支局、水戸支局、各通信部、東京本社などに勤務。現在はノンフィクション作家として活動している。
著書には『土門拳が封印した写真 鬼才と予科練生の知られざる交流』(新人物往来社)、『浅野梅若 三味線一代、その時代と人々』(無明舎出版)、『アメリカ本土を爆撃した男 大統領から星条旗を贈られた藤田信雄中尉の数奇なる運命』(毎日ワンズ)などがある。

担当より一言