BOOKS INFORMATION 書籍案内

健康・医学

医師が教える「1日3分音読」で若くなる!

大谷義夫:著

定 価:1,400円+税

発売日:2019年3月5日

頁 数:184ページ

判 型:四六判/並製

ISBN:978-4-86581-190-2

本書の内容

テレビ出演! 音読はのど・肺を強くする!

老化は目や足腰など見える部分だけではありません。年齢とともに声も変わっていきます。かすれ声、弱々しい声、長い発声がつづかない――いわゆる「声老け」です。じつは声の老化はのど・肺の老化とリンクしています。声老けとともに、食べ物や飲み物を飲み込む嚥下力も低下します。発声と嚥下は、ほぼ同じ筋肉を使っているからです。また、呼吸が浅いとしっかりした声は出ず、咳で雑菌を吐き出す力も低下します。声を支えているのはのど・肺の筋肉なのです。そこで音読。音読というと脳活性化(脳トレ)ばかりがいわれますが、じつは声・のど・肺を手軽に鍛える「筋トレ」。近年話題の誤嚥性肺炎予防にも最適です。本書はテレビでおなじみの著者による医学的な音読のアンチエイジング効果の解説と、日本の名作や古典など音読テキスト20本を収録。1回1分×朝昼晩3回の「1日3分音読」は、若さと健康をもたらす筋トレ習慣です!

目 次

プロローグ・あなたの声は大丈夫?
第1章・声を出さないと老けていく!
第2章・声を出すと若くなる仕組み!
第3章・音読トレーニングで元気はつらつ!
第4章・声出しをスムーズにするサポート術!

著者プロフィール

大谷義夫

(おおたに・よしお)
1963年、東京都に生まれる。1989年群馬大学医学部卒業。九段坂病院内科医長、東京医科歯科大学呼吸器内科医局長、同大学呼吸器内科兼任睡眠制御学講座准教授、米国ミシガン大学留学等を経て、2009年に池袋大谷クリニックを開院。医学博士、日本呼吸器学会専門医・指導医、日本アレルギー学会専門医・指導医、日本内科学会総合内科専門医。日本一の呼吸器患者数を誇るクリニック院長として知られ、「名医のTHE太鼓判!」(TBS系)、「スッキリ」(日本テレビ系)、「ビビット」(TBS系)、「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)をはじめ、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌等でも活躍。著書には『長引くセキはカゼではない』(KADOKAWA)、『長生きしたければのどを鍛えなさい』(SB新書)、『逆流性食道炎を自力で防ぐ』(扶桑社ムック)などがある。

担当より一言