BOOKS INFORMATION 書籍案内

文芸・一般

ひょうげもん

コメディアン奮戦!

小松政夫:著

定 価:1,500円+税

発売日:2019年3月5日

頁 数:240ページ

判 型:四六判/並製

ISBN:978-4-86581-188-9

本書の内容

生来のひょうげもん=ひょうきん者の笑い話

「ひょうげもん」は博多で「ひょうきん者」のこと。博多生まれの著者は子どもの頃から、根っからの「ひょうげもん」で人気もの。本書は、昭和・平成の役者、芸人、芸能人がオンパレードで登場。独自の芸で笑わせ続けるコメディアンの一代記。子ども頃から苦労も笑いにしてきた小松政夫の生き方は昭和平成人に強い共感があります。読めば懐かしさと元気をもらえる本と言えます。

目 次

序―多士済々 
1―博多っ子の夢 
2―転職の神様 
3―すごすぎる人 
4―これからこれから

著者プロフィール

小松政夫

(こまつ・まさお)
1942年、福岡県博多に生まれる。19歳のとき、役者を目指して上京、俳優座を受験、試験に受かったものの数千円の入学金が払えず断念する。その後、転職を重ね、横浜トヨペットでトップセールスマンになるが、1964年にクレージーキャッツの植木等の付き人兼運転手の募集に応募、600人の中から選ばれる。
その後、コメディアンとして、日本テレビの「シャボン玉ホリデー」でテレビデビュー、初舞台はクレージーキャッツの日劇公演。以降、数え切れないほど、テレビ、映画、舞台に出演。大ヒットした芸には「淀川長治」「電線音頭」「しらけ鳥」「タコフン音頭」「小松の親分さん」など多数があり、伊東四朗とのコンビ芸も大受け。2011年に社団法人日本喜劇人協会10代目会長に選出される。
著書には『のぼせもんやんけん」(竹書房)、『昭和と師弟愛 植木等と歩いた43年』(KADOKAWA)などがある。

担当より一言