BOOKS INFORMATION 書籍案内

文芸・一般

恋歌

王朝の貴族たち

小林一彦:著

定 価:1500円+税

発売日:2018年9月4日

頁 数:240ページ

判 型:四六判/並製

ISBN:978-4-86581-163-6

本書の内容

平安京の夜空を飛び交う愛の告白!

王朝時代、平安京の夜空をたくさんの恋歌がメールのように飛び交っていた。文使いの少年に託された歌は、数分で相手のもとに届く。「和歌(やまとうた)は人の心を種として、折々の思いがさまざまな言葉になって表れて出たもの」と紀貫之(『古今集』撰者)は語っている。通い婚のため男を待つしかない女の切なさ、許されざる恋に涙する男、共寝の翌朝の別れのつらさ……。武士ですら優雅な恋歌をものした時代、典雅な三十一字の歌から、王朝の人々の想いがいきいきと伝わってくる。百人一首、古今集、拾遺集、金葉集などさまざまな有名歌集から、選りすぐった和歌と歌人101人の人生を著者がわかりやすく、リアルな筆致で紹介。短い人生を恋に歌に生きた男と女の、愛の告白に感嘆する一冊。
※中日新聞・東京新聞・北陸中日新聞の連載「王朝の歌人たち」(2015年9月18日~2017年10月7日、計101回)を加筆修正して書籍化。

目 次

第一章・黒髪の乱れ、第二章・恋こそ祈り、第三章・愛の余韻、第四章・星夜のあわれ、第五章・あの世の逢瀬 「忘らるる身のことわりと知りながら思ひあへぬは涙なりけり(清少納言)」「黒髪の乱れも知らずうちふせばまづかきやりし人ぞ恋しき(和泉式部/奔放な恋愛遍歴)」「逢ふまでとせめて命の惜しければ恋こそ人の祈りなりけれ(藤原頼宗/道長の次男)」「夜もすがら契りしことを忘れずは恋ひむ涙の色ぞゆかしき(中宮定子/清少納言が仕えた)」「君恋ふと夢のうちにも泣く涙さめてののちもえこそ乾かね(源頼政/鵺退治の武将)」

著者プロフィール

小林一彦

(こばやし・かずひこ)
1960年、栃木県に生まれる。京都産業大学文化学部教授・日本文化研究所長。慶應義塾大学文学部卒業、同大学院後期博士課程単位取得。和歌文学会常任委員、中世文学会委員、日本文学風土学会理事、全国大学国語国文学会委員などを歴任。
教育・研究・執筆活動のかたわら、古典の魅力をわかりやすく伝える講演活動にも力を入れており、幅広い年代を対象に古典の語り部として各地を歩く。
著書には『鴨長明と寂蓮』(笠間書院)、『続拾遺和歌集』(明治書院)、『鴨長明 方丈記』(「100分de名著」ブックス、NHK出版)などがある。 

担当より一言