BOOKS INFORMATION 書籍案内

歴史・哲学・宗教

老いを超える生き方

禅的人生の英知

枡野俊明

2刷

定 価:1,400円+税

発売日:2015年11月4日

頁 数:192ページ

判 型:四六判/並製

ISBN:978-4-86581-032-5

本書の内容

毎日をかけがえのない「好日」にする方法

  • 『心配事の9割は起こらない』などのベストセラーを出し、禅僧であり、大学教授、世界的庭園デザイナーの顔を持つ著者が、はじめて「老い」をターゲットに語る。老いが下り坂なんてとんでもない!というのが著者の老いに対するスタンス。著者自身をも支える禅の言葉を紹介しながら、人生後半の過ごし方から、心の持ち方、人生のしまい方まで、禅的人生のエキスを読者に注入する。漠然と抱いていた将来への懸念が一掃される本。

目 次

第一章 誰もが「ただの人」で生きる
第二章 人生は一日一日、円熟味を増す
第三章 人生の最高の時間
第四章 人間にとっての最大の宿題
第五章 人の心は歳をとらない

著者プロフィール

枡野俊明

(ますの・しゅんみょう)
1953年、神奈川県に生まれる。曹洞宗徳雄山建功寺住職、庭園デザイナー、多摩美術大学環境デザイン学科教授。玉川大学農学部を卒業後、大本山總持寺で修行。その後、禅の思想と日本の伝統文化に根ざした「禅の庭」の創作で、国内外から大きな注目を集める。2006年「ニューズウィーク」日本版で「世界が尊敬する日本人100人」に選出される。庭園デザイナーとして世界的活躍を続ける一方で、『心配事の9割は起こらない』(三笠書房)などのベストセラーを上梓している。著書には『禅、シンプル生活のすすめ』『禅「心の大そうじ」』(以上、知的生きかた文庫)、『怒らない禅の作法』(河出書房新社)、『禅が教えてくれる美しい人をつくる「所作」の基本』(幻冬舎)などがある。

担当より一言

語り口の心地よさに、なんとなく、やり過ごしている日々に、風穴が開きます。そして、禅語効果なのか、心の贅肉がとれていくような気がします。